MENU
受注・製作から納品までの流れ

製作から納品までの流れ

こちらでは、私たち三進工業・製造部が製缶品の製作を承った場合の一般的な流れを解説いたします。

受注から納品まで、お客さまのご希望にあわせた対応が可能です。

また、納品は車上渡しが基本ですが、機器の据付けを専門にする部署もございます。据付けまで含めた対応が可能な場合がありますので、お気軽にご相談ください。

1.受注

お見積内容についてお客様にご納得いただき、受注を受けて製作の準備に取りかかります。

2.設計

お客様からの基本設計をもとに協議を重ね、適用法規、顧客要求事項を明確にし詳細設計を実施。製缶、溶接のスペシャリストと連携しお客様に納得していただける設計を行います。

3.製造検討会の実施

製作検討会の実施。実際に製作に携わるメンバーが集まって製作方法について検討し、そこから得られる多くのアイデアを集約して高品質の製品を製作致します。

4.材料発注

私たちの求めるコスト、品質、納期を満たすベンダーを100社あまりの中から選定し発注します。

5.製作

さまざまな条件(適用法規、要求事項など)を満たした資格、免許の保有者による高い技術力を駆使して高品質の製品を製作致します。

6.品質管理

各工程ごとに品質保証のスペシャリストによる検査を実施し合格した製品にのみ出荷許可が出されます。

7.納品

検査合格後、輸送のプロによる綿密な輸送計画により、お客様の大切な製品をご指定の場所へ納品致します。車上渡しを基本としております。

技術と経験を活かし、お客さまの
プロジェクト推進に貢献します。

私たち三進工業へのお問合せは、お電話・メールのどちらからでも構いません。プラント建設での機器据付けや、圧力容器・蒸気だめなどの製缶品製作など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちらより
メール返信ご希望の方はこちらより
(お電話の受付時間外もこちらからお願いします。)
PAGE TOP